今が旬!ルバーブを使ったお洒落カクテル

ルバーブという、根から葉っぱの付け根まで赤い野菜をご存知ですか?

イチゴのような酸味があり、爽やかな味わいが特徴です。また豊富な食物繊維に加え、ポリフェノールなど、嬉しい栄養素を多く含んでいます。

ルバーブが近くのお店で販売されていない場合は、ネットでもお取り寄せができます。春から夏にかけてが旬のルバーブ、今回はそんなルバーブを使用したカクテル、「ルバーブ・マルガリータ」のご紹介です。

少し酸っぱくて、少し甘い・・・.それが「ルバーブ・マルガリータ」です。シロップを多めにして味のバランスをとるか、酸っぱさを楽しむかはお好みで調整してみてください。

Cheers!

材料(2杯分)

ルバーブ 250g
砂糖 125g
水 150ml
バニラシュガー 1パック
シーソルト 大さじ5
ライムジュース(60ml)
1/4にカットしたライム(スノー・スタイル用)
テキーラ 100ml

作り方

まずはルバーブシロップを作ります。

1) ルバーブの皮をむき、細かくサイコロ状にカットします。鍋でお湯を沸かし、ルバーブを入れて15分ほど煮込みます。出来上がった汁は容器に回収します。ルバーブはふるいにかけて汁をよく絞り出します。

2) 1で集めたルバーブの汁、砂糖、バニラシュガーを一緒に鍋に入れ、時々かき混ぜながら10分ほど静かに煮ると、自家製ルバーブシロップの完成です。

自家製ルバーブシロップは清潔なボトルに入れて冷蔵庫で保管しておきましょう。

次にマルガリータ感を出すために、縁にシーソルトを付けたグラスを用意します。食卓塩ではなく、マルガリータ・ソルトやシーソルトを使用した方がより美味しく、おしゃれに仕上がります。

マルガリータ用のグラスの作り方(スノー・スタイル)

1) 小さくて平らな皿にシーソルトをのせます。ライムを1/4にカットし、グラスの縁を滑らせるように2周ほどほど動かして、縁を濡らします。

2) グラスの縁をシーソルトに付け、3回ほど回し、均等に付けていきます。

さて、いよいよシェイクの時間です。

シェーカーに氷を入れ、ライムジュース、テキーラ、約50mlのルバーブシロップを加えます(甘いのが好きな人はもっと加えてください)。飲み物がよく混ざり、わずかに泡立つまで激しくシェイクします。

シェイク後、用意した2つのグラスに注ぎ完成です!

ピーナッツバターボウルの写真

エネルギーチャージに!ピーナッツバターバナナボウル

ピーナッツバターバナナボウルはいかがですか?腹持ちが良く、朝からエネルギーチャージができます!

ピンクサマーカクテル

甘くて美味しいノンアルカクテル!「ピンク・サマー・ドリーム」

まだ夏を楽しみたい!そんな方はいらっしゃいませんか?そんな方達のために、フルーティーで爽やかなドリンクレシピのご紹介です。

ロゼ・ラズベリー・ミモザとフラスク

シャンパンとシャーベットの贅沢デザート。「ロゼ・ラズベリー・ミモザ」

シャンパンとシャーベットの組み合わせに、目を輝かせない人はいないでしょう。今回ご紹介する「ロゼ・ラズベリー・ミモザ」はまさにその組み合わせです。

ブルーオーシャンスムージーボウル

夏の蒸し暑さも吹き飛ばす!青くて甘くて、朝一番に笑顔になれる、”ブルーオーシャンスムージーボウル”のレシピをご紹介します!

ブルータス 8月15日号の表紙

『BRUTUS(ブルータス) 8月15日号』雑誌掲載のお知らせ

この度、アウトドアファッション雑誌「BRUTUS(ブルータス)」2021年 8月15日号 No.944 [ビールについて語らせろ!] に、弊社のFLSK(フラスク)が掲載されました。

甘い香りで癒される。ローズマリー・レモンアイスティー

以前、FLSKのマガジンで「ジンジャー・ショット」をご紹介しました。今回は、いつものショットに変化をもたらすバリエーションをご紹介します。

製造のエキスパート・FLSKチームのご紹介

ステンレス製品の生産で世界的な拠点である浙江省にて、長年にわたり生産者とパートナーシップを組んでおり現場には5人のFLSKチームがいます。

夏を乗り切る!ジンジャー・パイナップル・ショット

以前、FLSKのマガジンで「ジンジャー・ショット」をご紹介しました。今回は、いつものショットに変化をもたらすバリエーションをご紹介します。

フラスクボトル500mlのホワイトのイメージ画像

ミニマルな生活

ミニマルな生活に興味がある、これから始めてみたいという方に向けてライトなミニマル生活へのすすめをご紹介します。

ラズベリーとアボカドのスムージーボウル

ラズベリーとアボカドのスムージーボウル

今回はラズベリーとアボカドを使ったカラフルなスムージーボウルのレシピのご紹介です。
シンプルでありながら贅沢な味わいに、きっとあなたもはまってしまうことでしょう。