<以下の場合の対処法>

・炭酸水を入れた状態で持ち運びされた後(激しく揺さぶられた後)の開封時

ひとまわしで蓋を開けず、ゆっくりと蓋を開け(隙間をつくるイメージで)、気泡を逃がしながら開封することがお勧めでございます。また、蓋を開ける際に蓋から手を離さないでください。

・バックで持ち運びをする場合

バックに入れて持ち運びされる際、想定よりも揺さぶられている可能性がございます。 飲み口を上に向けた状態で、水筒が左右に大きく振られない様、極力バック内で置き場を決めて運ぶことをお勧めいたします。また、開封の際にはゆっくりと蓋を開け(隙間をつくるイメージで)、気泡を逃がしながら開封してください。

<以下のような場合は不良品の可能性がございます>

・ドリンクがすぐに常温に戻り、炭酸も抜けている。
・ボトルの外装が結露している。
→ボトルの真空二層構造に不良の可能性がございます。

・炭酸飲料が溢れる。
→ボトルキャップまたはシリコンリングに不良の可能性がございます。

状況をカスタマーサポートまでご連絡くださいませ。ボトルキャップの交換、または本体の交換をさせていただきます。

FLSK カスタマーサポート:info@flsk.tokyo.jp