美容と健康に✨牛乳不使用のお手軽アーモンドミルク♪

毎朝の牛乳に食パン、カフェラテ、コーンフレーク……私たちの朝食の定番には牛乳があった方がより美味しく感じられるかもしれません。しかし、誰もが牛乳を摂取できるわけでも、摂取したいと思うわけでもありません。

いつもの牛乳の代用品を探していると、遅かれ早かれナッツミルクに行き着きます。
もちろん買うのも良いのですが、実は簡単に自分で作ることもできるのです。

作り方はシンプルで、ナッツを水に浸した後、ブレンダーで水と一緒にピューレにします。ヘーゼルナッツミルク、カシューミルク、クルミミルクなど、お好みのナッツを使用いただいいてOKです!

今回のレシピでは定番のアーモンドミルクをご紹介いたします。後半では味のグレードアップにドライイチジクを追加していますが、もちろんアーモンドミルクのみでも美味しくお召し上がりいただけます。

ビタミンやミネラルがたっぷりのアーモンドミルクをお楽しみください♪

材料

アーモンドミルクの材料:

アーモンド 200 g
水 1リットル
塩(お好みで) ひとつまみ

※アーモンドはまろやかな味わいの殻付きアーモンドがおすすめです。

道具:

こし布


味付け:

ドライイチジク 5個
バニラビーンズ 少々
アガベシロップまたは他の甘味料 小さじ1杯

作り方

1. アーモンドをフライパンで軽く焼き、水を入れた大きなボウルに入れて10時間以上(できれば一晩)置きます。

2. 水に浸したアーモンドを水道水でよく洗い、1リットルの飲用水と(お好みで)塩と一緒にミキサーに入れ、なめらかになるまでブレンドします。

3. 2をこし布を使ってこします。

4. こし布に残ったナッツ類からさらに汁を絞り出したらアーモンドミルクは完成です!

★イチジクとバニラビーンズで味をグレードアップ

5. ドライイチジクはみじん切りにしておきます。先ほど作ったアーモンドミルクとバニラビーンズを鍋に入れて熱し、ドライイチジクのみじん切りを加えて軽く沸騰させます。

6. 5を火からおろし、お好みの甘味料を加えてかき混ぜます。クリーミーになるまでブレンダーで全てを混ぜれば完成です!

ナッツミルクについて

FLSK本社のあるドイツでは、植物性ミルクであるナッツミルクが人気です。植物性ミルクは風味の良さだけでなく、その栄養価の高さから健康や美容効果が謳われるようになりました。

ナッツミルクは市販でも手に入りますが、自分で作ったナッツミルクはよりナッツの風味が味わえるでしょう。

今回のレシピのアーモンドミルクは冷蔵庫で約3日間保存することができます。もちろん温め直してホットアーモンドミルクとしてお召し上がりいただくのも良いです。

持ち運びの際にはお好みの温度のナッツミルクをFLSKにいれてお楽しみください!

春の東京ウォーク!東海道五十三次を歩いてみた。

東海道五十三次をFLSK片手に歩いてみました!ウォーキングで出会った新しい東京とは?

日常生活でも使える!ノマドトラベラーのFLSK活用法

ノマドトラベラーのFLSK活用法をご紹介します。もちろん、日常生活でも役立つ方法なのでぜひ試してみてください。

カップの画像

東洋の香り漂うカフェ・オ・ショコラ

ちょっとスパイシーでチョコレートとコーヒーの香り、カフェ・オ・ショコラのレシピをご紹介します。

自然の中で一杯のコーヒーを

旅するFLSK JAPANサポーターのCocoがスペインのバックパック旅で出会った美しい自然の様子と共にアウトドアシーンでのFLSKの魅力をお届けします。

タンブラーの画像

CUP(カップ)へのこだわり 〜コーヒーに合う、デザイン〜

新商品のCUP(カップ)について、製品特徴からメーカーのこだわりまで、ぎゅっと情報をまとめました。

旅で見つけたサスティナブル

旅するFLSK JAPANサポーターのCocoが、スペイン巡礼の旅の様子を交えながらFLSKの魅力をお届けします。

なぜ風邪予防には水分補給がいいの?こまめに水を飲むことの意味

風邪予防にはうがいや手洗いの他に、こまめに水分を補給することも推奨されています。ですが、なぜ寒い秋冬に水分が必要になるのでしょうか?

自然とのつながりを感じる旅

旅するFLSK JAPANサポーターのCocoが、歩き旅の様子とともにFLSKの実用的な魅力をご紹介します。

FLSK社から、ついに待望のタンブラーが登場!

『食楽 2021年 冬号』雑誌掲載のお知らせ

ライフスタイル・グルメ情報誌「食楽」2021年 冬号に、弊社のFLSK(フラスク)が掲載されました。