新感覚!サツマイモとベリーのブレックファースト

1月もまだまだ寒いですね。今回は寒い朝も気分が上がる、サツマイモとベリーを使った新感覚の朝食をFLSK社のキッチンからお届けします!

朝食としてだけでなく、おやつとしてお仕事の合間に食べるのも良いです♪

ご紹介するレシピではトッピングにブラックベリーを使用していますが、お好みのフルーツで代用もできます。例えばブルーベリー、洋ナシ、または簡単にソテーしたリンゴをトッピングしても美味しくなりますので、ぜひ試してみてください!

材料

サツマイモ 200g
植物性ミルク(牛乳でも代用OK) 300g
ココナッツミルク 50ml
塩 1つまみ
シナモン 小さじ1
カルダモン ひとつまみ
すりおろしたナツメグ 1〜2つまみ


トッピング:
ブラックベリー 一握りくらい
ココナッツファイン お好み量

作り方

1、さつまいもを洗い、半分に切ります。フォークでさつまいもの表面に小さな穴をあけます。

2、さつまいもが柔らかくなるまで、オーブンレンジを使い200度で約30分間焼きます。

3、柔らかくなったサツマイモを他の材料と一緒にブレンダーでピューレにします。

4、トッピングにブラックベリーとココナッツファインをのせて完成です♪

朝から準備するのは大変、、という場合にはmukiに入れて保存も可能です。
mukiは2容器構成のため、トッピングとメインを分けて容器に入れることでき持ち運びにも最適です。

華やかな年越しを♪自宅シャンパンバーの作り方(レシピ付き)

2020年もあとわずか!今年もみなさまありがとうございました。

今年は大きなイベントの開催も出来ず、少人数で自宅で過ごされる方も多いと思います。楽しく2021年をお迎えできるよう、FLSK社からは「自宅でシャンパンバー」のご提案です。

シャンパンバーはその名の通り、シャンパンとバーを掛け合わせた言葉です。
シャンパンにはおいしいサプライズがいっぱいです。

ゲストは、好きなようにフルーツなどの材料を混ぜることができます。ボトルを何本か用意している場合は、夜通し飲み物が不足することはきっとありません。

シャンパンバーは簡単に準備することができ、用意にかかるストレスもありません。そして何より、大晦日を楽しむため華やかさをシャンパンは提供してくれるでしょう。

お店へ行く必要なし、自宅でシャンパンバーの作り方を紹介していきます♪

シャンパンバーを作る、5つの簡単なステップ。

1.場所の用意
キッチンカウンターやハイサイドテーブルがぴったりです。

2.お酒やジュースの用意
お好みのシャンパン、スパークリングワイン、またはプロセッコ(ノンアルコールでもOK)のボトルを入手し、氷で満たした大きなクーラーボックスに入れます。予備の角氷も用意し、冷凍庫で保存します。

気分に合わせて、スピリッツ(ジン、ウォッカ…)、シロップ(エルダーフラワーシロップ、ローズシロップなど)、ジュース(クランベリー、オレンジジュース…)を用意します。ジュースは750mlや1LサイズのFLSKに移せば大晦日の間ずっと保冷します。また見た目もスタイリッシュなため、テーブルの上に置いても見栄えが良くなりシャンパンバーにぴったりです。

3.トッピングの用意
小さなボウルに、飲み物を装飾するためのトッピングを用意します。創造性が高いほど良いです。

トッピングのアイディア
果物:ラズベリー、イチゴ、ブルーベリー、ザクロの種子、オレンジの切り身など
植物:タイムの小枝、ローズマリーの小枝、ミント、ジュニパーベリー、アニスの星、シナモンスティック、生姜のスライスなど
シャーベット:mukiにシャーベットを入れ、スパークリングワインを注げば「シャンパンフロート」を作ることができます。
フルーツピューレ:後半でレシピを紹介します。

4.グラスなどを用意
最後に、良く磨いたシャンパンフルートとシャンパンゴブレットを用意します。

5.テーブル上を美しく
シャンパンバーに視覚的な質感を加える為に、さまざまな材料を小さなトレイ、木製のディスク、または大理石のプレートに配置するとよりお洒落になります。花や金色の紙吹雪の装飾で最後の仕上げをするとより華やかになります。

シャンパンバーのための特別なレシピ

下のレシピで”ピーチとクランベリーのミモザデラックス”のための、フルーツピューレが作れます。

作り方

クランベリー 100g
オレンジピール 小さじ2
オレンジジュース 大さじ2〜3
桃缶 1個
メープルシロップ 小さじ1〜2
レモンジュース お好みで
シャンパンまたはスパークリングワイン 1本

作り方

1、オーブンを200度に予熱します。

2、クランベリー、オレンジピール、オレンジジュース、ピーチ、メープルシロップをよく混ぜ合わせ、耐熱皿の上にのせます。

オーブンに入れ、全ての材料がわずかに泡立つまで、15〜20分間ほど焼きます。

3、少し冷まし、ブレンダーでピューレにします。味見をし、必要に応じてオレンジジュースを追加します。お好みでレモン汁やメープルシロップを加えて味の調整をしてください。

4、細かいふるいを通して別の容器へ移し、冷まします。出来上がったものはシャンパンバーに置いておきます。

シャンパンとの混ぜ方:大さじ2杯のフルーツピューレをグラスに注ぎ、シャンパンを加えてよくかき混ぜ合わせれば完成です!

2021年を華やかに迎えましょう!乾杯!

身体の芯まであったまる♪オレンジキャラメルのグリューワイン

ドイツのクリスマスの定番、グリューワインは身体の芯まであったまる、冬にぴったりな飲み物です。 

今回はFLSK社のキッチンから、特別なグリューワインのレシピを皆さまにご用意しました!シンプルなグリューワインはもちろん美味しいのですが、ご紹介するレシピではオレンジキャラメルとカルダモンを加えます。

甘くてホットなグリューワインで、友人や家族とお家時間を楽しんでください♪

材料

白ワイン1本(750ml)
オレンジ 2個
砂糖 40g
ローリエ 2枚
シナモンスティック 1本
(またはシナモンパウダー 小さじ3)
カルダモンパウダー 少々
オールスパイス ひとつまみ

装飾用:
グラスごとにオレンジスライス1枚とシナモンスティック1本

作り方

1、オレンジをぬるま湯で洗い、タオルで水気を取ります。1個目のオレンジは皮をむき、薄いスライスに切り、さらにそのスライスを三等分にします。2個目のオレンジは絞り、オレンジジュースにします。

2、白ワインを鍋に入れ、カルダモンパウダー、ローリエ、シナモン、オールスパイスを加えてゆっくり煮ます。この時に沸騰させないように気をつけてください。

3、フライパンで砂糖をキャラメリゼします。(砂糖が溶けて茶色になるまで加熱します。)かき混ぜながら1で作ったオレンジジュースを加えます。砂糖がオレンジジュースに溶けるまでかき混ぜ続けます。(完全に溶け切らなくても大丈夫です。)

4、2の鍋に3をを加え、弱火で5分間溶かします。

5、鍋を火から下ろし、10分間おきます。

6、おたまを使ってグラスに液体を直接注ぐか、ふるいを通しろ過しながら注いでください。装飾にオレンジスライスとシナモンスティックをグラスに入れて完成です。

美味しく作るヒント:3の手順で砂糖を加熱する際に、焦がし過ぎないように注意してください。焦げてしまうと苦みの強いグリューワインになってしまいます。すぐに鍋に移せるよう、鍋の横でキャラメリゼすることをお勧めします。

FLSK社のランチジャー・muki(ムキ)がリニューアルしました!

リニューアルポイント:“空気抜きボタン”がmuki(ムキ)のフタに付きました!
“空気抜きボタン”を押すことで内圧をさげ、熱いものを入れた後でも簡単にフタが開けられるようになりました。

秋にぴったり♪クリーミーなパンプキンスパイスラテ

お仕事の合間、甘い飲み物が欲しくなりませんか?

でもコンビニなどに売っている甘〜い飲み物には脂肪、砂糖がいっぱい入っていることがあります。その様なものにはなかなか手を出しにくい…

そんな方へ、今回はドイツのFLSK社からヘルシーな材料で作る「パンプキンスパイスラテ」のレシピをご紹介します。

秋にはクリーミーなパンプキンスパイスラテで一息入れましょう♪

材料

エスプレッソ 1〜2カップ
牛乳(豆乳の使用もOK) 150ml
カボチャのピューレ 大さじ1
パンプキンスパイス(またはオールスパイス) 小さじ1
バニラビーンズ 1つまみ
メープルシロップ 小さじ2
ココナッツミルク 50ml
(ココナッツミルクはホイップクリームの材料として使用します。)

パンプキンスパイスがない場合・・・
小さな容器に下記の材料を混ぜ合わせて代用品を作ることができます。

シナモン 小さじ5
ジンジャーパウダー 小さじ2
オールスパイス 小さじ2
ナツメグ 小さじ½
クローブ小さじ ½

作り方

1、小さな鍋にカボチャのピューレとメープルシロップを入れ、熱しながらかき混ぜます。
2、1に牛乳、パンプキンスパイス、バニラビーンズを加えて熱します。(スパイスはトッピング用に少し残してください。)
3、牛乳が沸騰する前に火を止め、エスプレッソを加えてかき混ぜます。
4、トッピング*に、大さじ1杯程度のホイップ状のココナッツミルクを追加し、その上にスパイスを少々まぶして完成です。

*トッピング:
ココナッツミルクにメープルシロップを2滴ほど入れ、ハンドミキサーで泡立ててホイップクリーム状にします。

市販のホイップクリームをトッピングしていただいても大丈夫ですが、今回はヘルシーなレシピとしてココナッツミルクを使用したホイップクリームのトッピングをご紹介いたしました。

 

フィレンツェ生まれ・ビターな味わの大人カクテル「ネグロー二」

今回はイタリア・フィレンツェ生まれのカクテル、「ネグローニ」のご紹介です。

ネグローニは
元々、フィレンツェの老舗レストランの常連客であったネグローニ伯爵が食前酒として嗜んでいたものでした。

ネグローニは、至ってシンプルな組み合わせで作ることができますが、その味わいは深くビターです。
夜中に仲間と語らいながら、または一人の時間にゆっくりと味わうには最高なカクテルです。

材料

ジン 30ml

カンパリ 30ml

ベルモット 30ml

オレンジスライス  1個

作り方

シェーカーでジン、カンパリ、ベルモットをすべてを混ぜ合わせます(シェーカーが無い場合はFLSKの使用でも可)。氷を入れ、オレンジスライスを添えれば完成です。

<アレンジのヒント>

今回ご紹介したレシピのように、シンプルな組み合わせで純粋な味を楽しむも良し、さらにアレンジを加えてみたい方は、お好みの果物、ハーブ、さらにはコーヒーで味を少し変えて見ても良いでしょう。

少量の飲み物の持ち運びには350mlのFLSKも役立ちます。

朝から元気♪ ジンジャー入りのヨーグルトレモンスムージー

寒い日が続いて体調がすぐれない、、曇りの日が多くて気分が上がらない、、
そんなことはありませんか?

今回はそんな憂鬱も吹き飛ばせるような、美味しくて栄養もとれる“ヨーグルトレモンスムージー”のレシピのご紹介です!

ヨーグルトで腸内環境を整え、レモンでビタミン摂取!だけでなく、このスムージーでは免疫力アップ&体を温める効果のある生姜とターメリックも使用します!

1日の始まりにはスムージーを飲んで元気に活動していきましょう♪

材料

ヨーグルト(バニラ味がおすすめ)   200g

レモンジュース(レモンを絞ったもの) 大さじ1

蜂蜜 大さじ1

(皮をむいた)生姜 約4cm

すりおろしたレモンの皮 小さじ1

ターメリックパウダー 1つまみ

氷 4~5個

※皮ごと美味しくいただくために、オーガニックレモンを使用してください。

作り方

すべての材料をブレンダーに入れ、スムージー状にします。
お好みでレモンスライスを飾り付けしてください。

お出かけの際にはFLSKに注いで持ち運べば、後からでも美味しく飲めます♪

フローズンとロゼの新しい組み合わせ♪ ラズベリー フロゼ

欧米で流行りつつある「フロゼ」をご存知でしょうか?「フロゼ」はロゼワインを使ったフローズンカクテルです。

ニューヨークでは数年ほど前から話題となり、今やパーティーでは欠かせないカクテルとなっています。

今回はお家で楽しめるカクテルレシピ第4弾、「Raspberry & Frose(ラズベリーフロゼ」をご紹介します♪

過去のレシピは公式サイトのマガジン内のレシピにてご確認いただけます!

***

ピンクの色合いに華やかな味わいのロゼワインをフローズンに変えて…新しいロゼの楽しみ方を発見してみてください。出来上がったフロゼはFLSKボトルに入れて持ち運べば、野外でも召し上がれます。

お家のベランダから、浜辺、バーベキュー、ピクニックなど様々なシチュエーションで、ぜひ夏が終わる前にフロゼをお楽しみください。

Cheers !

材料(2杯以上)

ロゼワイン 500ml

砂糖 60 g

水 60ml

ラズベリー(冷凍でもOK) 100g

氷 10個

レモン汁 お好みで

装飾用のラズベリー

 

作り方

1、ロゼワインを製氷皿にに注ぎ、6時間以上冷凍庫に入れて凍らせます。

2、鍋で水を沸騰させ、砂糖とラズベリーを加え(装飾用のラズベリーは残します)、よくかき混ぜてから約30分間放置します。

3、2をふるいを通してからよく冷まします。

4、ブレンダーに3と1で冷凍したロゼワインと氷を一緒に入れ、滑らかになるまでミックスします。

5、最後にお好みでレモン汁を少し入れ、装飾用のラズベリーでグラスを飾れば完成です♪