ピーナッツバターボウルの写真

エネルギーチャージに!ピーナッツバターバナナボウル

ピーナッツバターは高カロリーだからと避けている方もいらっしゃるかもしれません。しかし適量を守り、無加糖であればピーナッツバターは貴重な栄養素を含んだ素晴らしい朝食になります。
 
では、どんな食べ方をすればいいのでしょう?
オススメの方法があります。熟したバナナ、バニラビーンズ、オートミルクを混ぜたスムージーを作ってみましょう。腹持ちが良く、口に入れると滑らかで、味は…美味しい!の一言に尽きます。
 
目覚ましが鳴ってからタイトなスケジュールをこなす人なら、きっとこの朝食が気に入るでしょう。5分以内に準備でき、持ち運びも簡単です。
 
どのように持ち運びするのが良いでしょうか。2容器構成のmuki(ムキ)を使えば、トッピングとスムージーを分けて持ち運びができるので、トッピングの新鮮さとパリパリ感を保つことができます。
 

材料

バナナ(冷凍)2本
ピーナッツバター 小さじ2
アマニ(砕いたもの) 小さじ2杯
バニラビーンズ 1本分
オートミルク 約50ml
 
<トッピング>
ココナッツフレーク
グラノーラ
ダークチョコレート(細かくしたもの)

作り方

1. 前日の夜までに、完熟したバナナ2本の皮をむき、適当な大きさに切って冷凍庫に入れておきます。
2. すべての材料をミキサーに入れ、クリーム状にします。お好みでオートミルクの量を調整してください。

3. スムージーを容器に移し、お好みの材料をトッピングして完成です♪

 
 
ムキ ミッドナイトの写真

仕事も休暇も楽しむ暮らし方

仕事も休暇も楽しむワーケーションの旅をご紹介します。

デザイン性のある飲料用ボトル「FLSK」

デザインに対するFLSKの考え方をご紹介します。

FLSKボトルの洗浄方法は?

FLSKのクリーニングのコツをお伝えします。

CO2の削減への取り組み

気候変動は私たちの時代の最も差し迫った問題です。たとえ地球全体での影響力が小さくても、私たちは変化の一部となることを自覚し、クライメイト・ニュートラル(気候中立)への道を歩みたいと考えています。

横浜・八景島で過ごす大人時間

横浜・八景島で過ごす大人のリラックス旅をご紹介します。

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ CUPの仕組みは?

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ、CUPの仕組みをご紹介いたします。

自然を気軽に!リラックスを体感する箱根へ

気軽に自然を満喫できる箱根の旅をお届けします。

ブログでFLSKをご紹介いただきました!

ファミリーキャンプ歴13年、アウトドアライターのずぼらママ様にFLSKをご紹介いただきました。

FLSK製品のお手入れ:役立つ5つのポイント

毎日使うお気に入りの道具はいつも清潔に。今回はFLSK製品のお手入れのポイントをご紹介いたします。