美しく健康的な身体づくりにおすすめ!マイボトルでできる温活とは?

寒いと身体の調子が悪くなるという方、肌がくすむという方は、身体の内側が冷えきってしまっているのかもしれません。

健康な身体作りはもちろん、美容にも役立てられる「温活」についてご紹介します。

隠れ冷え性かも?体の冷えと不調をチェック

冷えを気にしたことがないという方は、下記の項目を確認してみてください。もしかしたら体の内部が冷えている、隠れ冷え性かもしれません。

・肩コリや首コリがある
・風邪を引きやすい
・寝つきが悪い
・手や脚がむくみやすい
・肌がくすむ、顔色が悪い
・下半身太りが解消されない

身体が冷えると血液やリンパ液のめぐりが悪くなるため、コリや痛みを感じるようにもなります。肌にも栄養や水分がいきわたらなくなり、顔色が冴えないように。代謝も落ちるため、ダイエットしても痩せにくい体になってしまいます。

手でお腹を触ったときに、ひんやりとした感触があれば内臓が冷えている証拠。放っておくと免疫力が落ち、ますます身体の調子を崩してしまうかもしれません。

自分で身体をあたためる温活とは?

ストレッチ

冷えた体を自ら積極的に温めるため、下記のような温活を試してみてください

衣類で体をあたためる
内臓を温めるために腹巻をし、冷えやすい手首と足首、首をあたためる衣類を取り入れてみましょう。

運動をする
軽いストレッチで血流を促し、筋トレで体を温める筋肉を増やすのがおすすめです。

湯船に浸かる
38度~40度の湯船に浸かり、マッサージをしながら血行を促しましょう。

飲むだけで体を温める♪温活におすすめのドリンク

フラスクで温活イメージ

ホットドリンクで、身体の内側から温める習慣を取り入れてみましょう。温活にふさわしいドリンクをピックアップしました。

茶葉を発酵した発酵茶:紅茶・ほうじ茶・ウーロン茶・プーアール茶など
健康茶:ルイボスティー・ごぼう茶・黒豆茶・杜仲茶など
純ココア:砂糖やミルクを入れないココア

他にも生姜パウダーを入れた、生姜湯などもおすすめです。白湯をそのまま飲んでもいいですし、身体を温めるシナモンや胡椒を加え、味にアクセントをつけてみてもいいでしょう。ただしニオイや変色が発生しないよう、容器は丁寧に洗ってくださいね。

過剰なカフェインや砂糖は体を冷やしてしまうため、あまり飲み過ぎないように。お好みの温活ドリンクをマイボトルに入れ、身体の内側をこまめに温めましょう。

 

まとめ

フラスクで温活イメージ

まずは保湿力が高くてお手入れしやすいマイボトルを使って、いつでも温かいドリンクが飲める温活を始めてみてください。

寒い季節に負けない、美しく健康的な身体を維持する習慣を取り入れてみてくださいね。

 

FLSKの商品ページはこちら [ux_products orderby=”sales”]

仕事も休暇も楽しむ暮らし方

仕事も休暇も楽しむワーケーションの旅をご紹介します。

デザイン性のある飲料用ボトル「FLSK」

デザインに対するFLSKの考え方をご紹介します。

FLSKボトルの洗浄方法は?

FLSKのクリーニングのコツをお伝えします。

CO2の削減への取り組み

気候変動は私たちの時代の最も差し迫った問題です。たとえ地球全体での影響力が小さくても、私たちは変化の一部となることを自覚し、クライメイト・ニュートラル(気候中立)への道を歩みたいと考えています。

横浜・八景島で過ごす大人時間

横浜・八景島で過ごす大人のリラックス旅をご紹介します。

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ CUPの仕組みは?

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ、CUPの仕組みをご紹介いたします。

自然を気軽に!リラックスを体感する箱根へ

気軽に自然を満喫できる箱根の旅をお届けします。

ブログでFLSKをご紹介いただきました!

ファミリーキャンプ歴13年、アウトドアライターのずぼらママ様にFLSKをご紹介いただきました。

FLSK製品のお手入れ:役立つ5つのポイント

毎日使うお気に入りの道具はいつも清潔に。今回はFLSK製品のお手入れのポイントをご紹介いたします。