タンブラーの画像

CUP(カップ)へのこだわり 〜コーヒーに合う、デザイン〜

見た目も美しく、機能も優れたものを使うことは気持ち良いものです。
特に、毎日使うモノにはこだわりたい・・・
 
今まで、コーヒータンブラーのデザインに妥協したことはありませんか?
 
街中は、チープな色彩や模様、もう見飽きた形状のタンブラーであふれています。さらに保温力はどうでしょうか。なかなか満足のいく保温力を発揮してくれるタンブラーは見つからないのではないでしょうか。
 
FLSK社は、本当に温かくて美味しい飲みごこちを保ってくれる、タンブラーを作りました。
 

革新的なデザインで受賞

CUP(カップ)を設計したとき、FLSKチームは大きなビジョンに突き動かされていました。手放せなくなるようなテイクアウトのカップを作りたかったのです。
 


デザインは個性的で、一目で周囲と差をつけられるものを目指しました。さらにミニマルなフォルムで妥協のないパフォーマンスを発揮する製品を企画しました。
 

その結果、必要なものだけを詰め込んだ都会的なデザインと、これまでにない機能性を両立させる製品の開発に成功しました。それがCUP(カップ)です。

そのデザイン性の高さから、国際的に権威ある「German Design Award 2022」を受賞することができました。

五感に響くデザイン

朝のひとくち目のコーヒーは、幸せを感じる瞬間です。
そんなひとときのために作られたものがCUP(カップ)です。

見る

CUP(カップ)の円筒形のボディは、広い開口部から底部に向かって、緩やかな曲線で繋がっています。

蓋は、飲み口の形状に合わせた透明でシンプルなデザインを採用。FLSKのロゴは精密なレーザーで丁寧に、控えめに彫刻され、デザインを上品で高級感あるものにしています。

カップ ブラック

エレガントな4色

– ブラック:深みのある黒。目を引く、堂々とした存在感です。
– ホワイト:ピュアな輝きを放ち、控えめな美しさがあります。
– カーキ:アースカラーのリラックスルック。落ち着くカラーです。
– サンド:繊細で温かみのあるトーン。毎日見ていても飽きがきのこないカラーです。

触る

CUP(カップ)の表面には、パウダーコーティングが施されており、指先で触ってみると、その触感を楽しむことができます。さらに手にぴったりと収まるように、直径は計算されたサイズになっています。
 
飲み口の蓋は、軽く押すことで簡単に固定できる「イージーホールド」を採用するなど、飲みやすさにも配慮しています。蓋を閉めれば、タンブラーがひっくり返っても中の飲料が漏れることはありません。
 
CUP持っているイメージ

聞く

使用する中で、CUP(カップ)のクオリティを音から感じることができます。

例えば、飲み口を閉じるときの「カチッ」という音は、安心感を与えてくれます。もうカバンの中で漏れる心配はありません。

カップ サンド 商品写真

香りと味わいを楽しむ

CUP(カップ)は、高級ステンレス鋼(SUS304)を採用。コーヒーに嫌な風味を加えることもなく、さまざまな香りを存分に楽しむことができます。
 
さぁ、CUP(カップ)で新しいコーヒーライフを!
 
CUP使用シーン
CUP(カップ)の商品ページはこちら

FLSKのドリンクボトルでゴルフを楽しみましょう!

FLSKボトルはレジャー、アウトドアに最適です。ゴルフにもお使いいただけるボトルFLSKの機能とは

仕事も休暇も楽しむ暮らし方

仕事も休暇も楽しむワーケーションの旅をご紹介します。

デザイン性のある飲料用ボトル「FLSK」

デザインに対するFLSKの考え方をご紹介します。

FLSKボトルの洗浄方法は?

FLSKのクリーニングのコツをお伝えします。

CO2の削減への取り組み

気候変動は私たちの時代の最も差し迫った問題です。たとえ地球全体での影響力が小さくても、私たちは変化の一部となることを自覚し、クライメイト・ニュートラル(気候中立)への道を歩みたいと考えています。

横浜・八景島で過ごす大人時間

横浜・八景島で過ごす大人のリラックス旅をご紹介します。

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

持ち帰り用のコーヒーカップや保温容器、飲料用ボトルなどに最適な素材「ステンレス鋼」とは

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ CUPの仕組みは?

コーヒーのお持ち帰りにも使えるマグ、CUPの仕組みをご紹介いたします。

自然を気軽に!リラックスを体感する箱根へ

気軽に自然を満喫できる箱根の旅をお届けします。

ブログでFLSKをご紹介いただきました!

ファミリーキャンプ歴13年、アウトドアライターのずぼらママ様にFLSKをご紹介いただきました。