野菜や果物が手軽にとれる、グリーンスムージーボウル!

スムージーボウルをご存知ですか?

スムージーボウルはアメリカ発の「食べるスムージー」です。
果物や野菜が手軽に食べられる&見た目がオシャレなことが人気の理由です!

スムージーボウルは朝食にも適しています。

「飲む」ためのスムージーとは違い、「食べる」ためのスムージーにするため、固形の食材をトッピングすることで「噛む」動作を必要とします。食材を噛むことによってより朝食に満足感を得られます♪

スムージーボウルは栄養ドリンクや飲むだけのスムージーでは、満たされない朝にもぴったりの食事です!

さて今回はヘルシーな”グリーンスムージーボウル”のレシピをご紹介します。

材料

ほうれん草(冷凍) 50g
ココナッツジュース  50ml
バナナ(冷凍) 1本
アボカド 1/2個
ライム 1個
抹茶パウダー 小さじ1/2

トッピング
キウイ 1個
抹茶パウダー ひとつまみ

作り方

1、ライムを洗い、皮を切り取ります。次にライムを半分に切り、手で絞ってライムジュースを作ります。

2、ブレンダーへ全ての材料であるバナナ(冷凍)、ほうれん草(冷凍)、アボカド、(1で作った)ライムの皮、ライムジュース、ココナッツジュース、抹茶パウダーを入れスムージー状にします。お好みでスムージーの柔らかさを調整してください。

3、トッピング用にキウイの皮をむき、細かく切ります。食べるスムージーの上にのせ、抹茶パウダーをふりかければ完成です♪

スムージーボウル&muki

もしあなたがオフィスで朝食をとりたいとしたら、スムージーボウルをmukiに入れて出勤してみてはどうでしょうか?

mukiは食材を二つに分けて運ぶことができるため、トッピングとスムージーを別々の容器でまとめて持ち運ぶことができます。

またmukiはFLSKボトルと同様の真空二層構造で保温力に優れているため、出社前に入れたスムージーボウルは、蓋を明ける頃も作りたて同様に美味しさが保たれているでしょう。

ぜひいろんな場所でお食事を楽しんでみてください!

 

FLSKのお手入れの仕方

ボトルは使う頻度が多いほど毎日のお手入れは大切です。今回はFLSKのオススメのお手入れ方法についてこちらの記事でご紹介いたします。

野菜や果物が手軽にとれる、グリーンスムージーボウル!

スムージーボウルはアメリカ発の「食べるスムージー」です。
果物や野菜が手軽に食べられる&見た目がオシャレなことが人気の理由です!
今回はヘルシーなグリーンスムージーボウルのレシピをご紹介します。

夏の夜風にあう、バジルの香り爽やかなジンのカクテル

今回はお家で楽しめるカクテルレシピ第2弾は、“21世紀の新定番”と言われドイツで人気の「Gin Basil Smash(ジンバジルスマッシュ)」をご紹介します。

FLSKの保温力のテスト結果を公開

FLSKは魔法瓶に採用される真空断熱の技術に加え、FLSK(フラスク)はボトル内側の外装(ステンレス)に、銅のコーティングが施されています。

その保温力はどれほどのものなのでしょうか。
今回のメルマガでは国内でのテスト結果を数字と共に公開いたします。

ベリーを使った爽やかなサマードリンク

FLSK社からお家時間を充実させる、ドリンクレシピをご紹介! 今回ご紹介するものはレッドカラントを使用した、ベリーシェイクです。 みなさまレッドカラントはご存知でしたでしょうか。 日本ではあまり馴染みのないフルーツかもし …

世界中のFLSKファンによるFLSKのユニークな活用法

ボトルといえば水を飲むなどの使い方が一般的だと思います。
しかし多くの人々がFLSKを日々使用する様になった結果、個性的な活用法も見つかりました。

mukiの使い方いろいろ

muki(ムキ)には保温・保冷したい食品を入れて使用します。
上下で容器を分けられるため、フルーツやヨーグルト、シリアルなど、違う食べ物を同時に持ち運ぶこともできます。

自分の身体にあった水分補給の方法とは?

どんな健康管理のアプリよりもはるかに優れているのは、私たち自身の体感です。
身体が水を必要とするとき、無視するのが難しい程の喉の渇きを私たちは感じます。

FLSKリニューアル版の予約注文の受付を開始します!

LINE@ はじめました!