※熱の性質上、サイズ(容器)が大きくなるにつれ保温力は増していきます。※ボトルの蓋を開ける回数や、水量等の環境の変化によって温度の推移は変化いたします。※味覚と同様に、温度感覚は個人の体温の違いで「熱い・冷たい」の感じ方には個人差があります。予めご了承ください。 ※試験内容はJIS S 2006:2016 まほうびん 10.4 保温・保冷効力 を準用